帰ってきたF1おやじモデラー

◇ F1 middle-aged modeler who came back ◇

呆れる静岡県の医療事情… 


(●`・v・){ みなさま 毎度です!




3月9日、昼過ぎに法律事務所から電話がありまして、後遺障害申請に足りない書類があったから整形外科に行って診察を受けて下さいとの連絡でした。

なぜ昨年の12月上旬に申請した後遺症障害の書類が3月の今になって足りないと判明したのか説明を求めましたが要領を得ません。


少し話は前後しますが今回の交通事故、A法律事務所を雇って私に慰謝料の増額があったどころか、加害者加入の共済側から提示された額よりマイナスです。

慰謝料(20を切っています)は加害者加入の共済の言いなり、それなのに着手金だけはしっかり差っ引きます。

知人の大手損保会社社員、損保会社フランチャイズの社長、他の弁護士へも相談し皆口を揃えて言うのが『あそこは弁護士事務所ではなく株式会社だから』、『CMではいいコトしか言わないよ』と言われました。


私のA法律事務所に対する印象は言った言わないの話が多く、担当がコロコロ代わり何度も最初から説明が必要になる本当に面倒な会社ですし、今までの対応を考えると私の味方とは到底思えません。

A法律事務所を利用するしないは個人の自由ですが、昨今株式会社は利益を追求し弱者の味方にはなってくれませんから!

契約前に今一度よくお考え下さい。



そろそろ話を戻します。

診察に来てくれとのコトで行ってみると…
整形外科の院長(と言っても医師は一人ですが)が診察のデータが無いので(処分した? )書類は書けないの一点張り。

A法律事務所にもそう伝えたそうです。
内心『また言った言わないの話かぁ…』

なぜデータが無いのか聞くと『リハビリだけに来ていた患者は診察をしないのでデータは残さない』と言われました。

へっ? 毎週一回の問診、処方箋発行、注射は誰がしていたの? ココに医者はアンタしかいないよね? それとも看護師が治療行為していたのですか? カルテは5年間の保管義務があるのでは? などの質問には答えません。

『受付が間違ったのかなぁ?』とブツブツ言っています。

真相はどうあれ、貴方はココの院長なのでは? 間違いを受付や看護師のせいにする前に院長として整形外科と言う病院の間違いを謝罪するのが先ではありませんか?

こんなところも静岡の県民性が見て取れます。


加害者加入の共済に提出した診療報酬明細内訳には診察したことになっていますが?

これらの問いにアワアワするバカ医者
これが静岡県の、これが市立総合病院を独立した医師の現状です。

診察当時のデータが無く書類が作成出来ないなら、こんな所にいる理由がありませんので帰宅し、上記のことをA法律事務所へ電話にて説明しました。



県外から来た私がいつも強く感じるコトは、ほぼすべての業種でほぼすべての事柄に対して静岡ではなぁなぁで済ませているから前に進まないんだと強く感じます。


コトの顛末を弁護士と相談の上、後遺症障害審査機関には不足書類が提出出来ない事由をそのまま報告するコトにしました。


そして週明けには静岡県医療安全相談窓口と言うものがあるらしく、整形外科でのことを電話で相談してみようと思っています。



※個人的見解です。


今回はココまで (●≧◇≦)ノシ
スポンサーサイト

Comment

Add your comment