帰ってきたF1おやじモデラー

◇ F1 middle-aged modeler who came back ◇

ベネトン B188 製作 #01 


(●`・v・){ みなさん毎度です!

ガレージキットばかり製作しているとパチピタのタミヤのプラモが恋しくなりますが、私だけでしょうか?

何台か罪になっていますが、フルスポンサーデカールもありますのでベネトンB188に浮気 (*´꒳`*)

このB188、今まで何台製作したコトか…
いつも1988年仕様で製作しているので、今回は1989年の前半戦仕様のプロポーションモデルで製作

先ずはゲートから全てのパーツを切り出して洗浄→乾燥→仮組を行いながら細部を確認


サイドポンツーン部(黄矢印)、手前と奥のパーツがズレています。確認しやすい様に奥のパーツをマジックで塗り塗り。
この部分(赤矢印)、実車に分割線は無いのでパテ等で整形します。




こちら側も同じ




ココもズレています。




こちらはエアインテークが窪んでいるだけですし、カウルのコークパネル部に放熱の為開口部が大きくなっています。




エアインテーク部を開口してプラ板でインテーク部を再現




コークパネルの放熱開口部を再現




フロントサス部も組立の関係から実車には無い分割線があるので、後ハメ加工を行いたいと思います。





今回はここまで (●≧◇≦)ノシ


ランキングに参加しております。
よろしければ応援ポチっと゚+。(o・ω-人)・.。

自動車模型ランキングへ
スポンサーサイト

Comment

Add your comment